NADiff

TOPICS

 
 

CATEGORY

東京都写真美術館
東京都現代美術館
Bunkamura
水戸芸術館
京都市京セラ美術館

NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01          

Tagged: 長谷川祐子

ART

デジタル・バイツ アート&テクノロジーの摂り方

長谷川祐子

Price:

3,740円(税込)

発売日: 2024年1月
発 行: ビー・エヌ・エヌ新社
仕 様: B5判変型/透明PETカバー/272ページ
監 修: 長谷川祐子
編 集: 金沢21世紀美術館
寄 稿: 遠藤 薫、ハンス・ウルリッヒ・オブリスト、砂山太一、小形道正、太田充胤、山本貴光、戸谷洋志
執 筆: 長谷川祐子、本橋 仁、原田美緒、杭 亦舒、睫 遊
〈わたし〉と一体となるテクノロジー
物質と情報が曖昧になったこの惑星では、デジタルが血肉となり、変容への欲望を喚起する──。

本書は、金沢21世紀美術館の主催展覧会『DXP(デジタル・トランスフォーメーション・プラネット)──次のインターフェースへ』展を並行収録した、この惑星を歩くための地図となる一冊です。
序章では金沢21世紀美術館の館長、長谷川祐子氏によるステートメントとして、デジタルを栄養として摂取する糸口となるテキストを、続く章では、社会学者の遠藤 薫氏、キュレーターのハンス・ウルリッヒ・オブリスト氏に寄せてもらった、この新しい現実を探索する羅針盤となるテキストを掲載。

メインとなる次の章では、領域を横断する5つのアプローチから「デジタル」と一体になる〈人間〉のいまを探ります。さまざまなバックグラウンドを持つ専門家が「セオリー」を、また本展覧会の企画に携わったキュレーター陣が、アーティストとの対話を通した「プラクティス」を、会場では見られない作品も自由に参照しながら、独自の視点で書き下ろしました。展覧会を記録した図録を超え、書籍ならではの構成で、アートとデザインの実践を紹介しながら、デジタルテクノロジーがもたらした〈人間〉の変化に迫ります。(版元紹介文より)