NADiff website www.nadiff.com
 
 

NADiff

TOPICS

 
 

CATEGORY

東京都写真美術館
東京都現代美術館
Bunkamura
水戸芸術館
京都市京セラ美術館

NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01          

Tagged: 梅津庸一

ART

梅津庸一 ポリネーター

梅津庸一/ Yoichi Umetsu

Price:

6,600円(税込)

発行年: 2023.4
発 行: カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社美術出版書籍編集部
発 売: 美術出版社
著 者: 梅津庸⼀
執 筆: 新藤淳、横山拓一
デザイン: 刈⾕悠 三+⾓⽥奈央(neucitora)
仕 様: 184ページ、 A4 変形、上製本(スイス装)
言 語: 日英
目次
・「複製される固有の花粉たち」

・インタビュー「無垢な熱」聞き手=横山拓一
論考「亡霊と精子と花粉と ー梅津庸一のオルタナティヴな混在論的芸術、あるいは「悪い場所」を超えて」新藤淳
・作家略歴
・作品リスト


本書は、国内外の現代アートシーンで注目を集めるアーティスト、梅津庸一の初となる本格的な作品集になります。初期作から代表作までの作品約140点、さらに5万字をこえる評論(執筆=新藤淳)や、1万字のインタビュー(聞き手=山拓一)と、作家本人による最新の書き下ろしエッセイを収録。作品制作のみならず、コレクティブ「パープルーム」やギャラリーの運営、展覧会企画や現代美術の制度をめぐる言論活動まで、高い批評性を保ちながら幅広い活動をする梅津の活動の全容を伝える1冊となっています。(出版元紹介文より)

梅津庸一(うめつ・よういち)
美術家。1982年⼭形県⽣まれ。⽇本における近代美術絵画が⽣起する地点に関⼼を抱き、⽇本の美⼤予備校や芸⼤での教育に鋭い視線を投げかけた制作、活動を⾏う。主な展覧会に、個展:「未遂の花粉」(愛知県美術館、2017年)、「 梅津庸⼀展|ポリネーター」(ワタリウム美術館、2021年)、2⼈展:「6つの壺とボトルメールが浮かぶ部屋 梅津庸⼀ + 浜名⼀憲」(⾋居アネックス、2021年)、グループ展:「恋せよ⼄⼥!パープルーム⼤学と梅津庸⼀の構想画」(ワタリウム美術館、 2017年)、「百年の編み⼿たち―流動する⽇本の近現代美術―」(東京都現代美術館、2019年)、「平成美術:うたかたと⽡礫(デブリ)1989-2019」(京都市京セラ美術館、2021年)など。著書に『ラムから マトン』(アートダイバー、2015年)。『美術⼿帖』2020年12⽉号特集「絵画の⾒かた」監修。