NADiff

TOPICS

 
 

CATEGORY

東京都写真美術館
東京都現代美術館
東京オペラシティ
Bunkamura
水戸芸術館
京都市京セラ美術館

NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01          

Tagged: 

ART

美術手帖 2006年12月号 全身全景 大竹伸朗

発行年: 2006
発行元: 美術出版社
サイズ: 145×210 mm
ページ数: 296ページ
「日本の存命作家の個展としては最大規模」といわれる、大竹伸朗の個展「全景 1955-2006」展が始まった。展示は小学生時代の落書きから廃品利用の最新作まで2000点。4トントラック25台で搬入したという100トン級の展覧会だ。51歳になったばかりで「存命作家」もないものだが、では、大竹伸朗とは何者か。絵を描き、スクラップブックに貼りまくり、がらくたを集めて作品をつくり、ノイズを轟かす、全身全方位で創造にまみれ、表現と格闘する男。いや、そういうことではない。あるエッセーに「『真実』という言葉は自分にとっては限りなく『芸術』という言葉に接近している」と書いた大竹伸朗を、信じて間違いはない。(版元より引用)