NADiff

TOPICS

 
 

CATEGORY

東京都写真美術館
東京都現代美術館
東京オペラシティ
Bunkamura
水戸芸術館
京都市京セラ美術館

NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01          

Tagged: 

ART

LEE KAN KYO 李漢強のNFT

LEE KAN KYO 李漢強

Price:

3,278円(税込)

発 行: LEE MAN STUDIO
著 者: LEE KAN KYO
発行年: 2022年
仕 様: 142mm × 198mm、84P、中綴じ・ソフトカバー
「チラシ」や「ポイントカード」など、この世のあらゆる“現象”を観察し、作品化する台湾人アーティスト、LEE KAN KYOの最新作品シリーズ「NFT」の作品集。

寄稿:堀部篤史/町田ひろみ/門司孝之/室賀清徳/gnck/たかくらかずき


ここ数十年〈現代アート〉買いの慢性病だった「なんかすげえ嫌な感じ」「話聞くだけでむかつく」という症状を吹き飛ばすために台湾からやってきたクラーク・ケント。「シミュレーショニズム」「メディアアート」「アート仏壇」と、真面目に書き記すたびにゲラゲラ笑わされてしまうハイパー・ハイが、美しき鬱の国、日本を駆け抜ける。甘え腐った「脱力系」ではない、「超入力系ヘタウマ」スーパーマンと街中でぶつかって倒れろ!!!
菊池成孔(音楽家/文筆家/”〈現代アート〉嫌悪家”)
本書帯文より


LEE KAN KYO / 李漢強
アーティスト。台湾出身。東京造形大学大学院(造形専攻)修了。幼い頃から見ていたTV番組で、日本のエンターテインメントに魅力を感じ、2007年来日。スーパーのチラシや週刊誌、ポイントカード、「NFT」といった世の中の“現象”を主な題材に制作を続ける。国内外のArt Fairや、Art Book Fairへ出展多数。アパレルブランド「Supreme」にアートワークを提供。