NADiff

TOPICS

 
 

CATEGORY

東京都写真美術館
東京都現代美術館
東京オペラシティ
Bunkamura
水戸芸術館
京都市京セラ美術館

NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01 02         

Tagged: 会田誠

ART

性と芸術

会田誠

Price:

1,760円(税込)

発売日: 2022.7
発行元: 幻冬舎
サイズ: 四六判
頁 数: 216頁
日本の現代美術史上、最大の問題作、「犬」は、なぜ描かれたのか?
作者自らによる全解説。これは「ほぼ遺書」である。

 
「もちろん分かっている――美術作品の解説なんて作者本人はしない方がいいことは。だからこんな悪趣味は一生にこれ一度きりとする。本来無言の佇まいが良しとされる美術作品に言葉を喋らせたら――いったんそれを許可してしまったら――たった一作でもこれくらい饒舌になるという、最悪のサンプルをお見せしよう。ついてこれる人だけついてきてくれればいい。」(本文より)
日本を代表する現代美術家会田誠の23歳の作品「犬」は、2012年の森美術館展覧会での撤去抗議はじめ、これまでさまざまに波紋を呼んできた。その存在の理由を自らの言葉で率直に綴る。人間と表現をめぐる真摯な問い。
 
(目次)
I 芸術 『犬』全解説
II 性 「色ざんげ」が書けなくて
 
(※出版社サイトより引用)