NADiff

CATEGORY

RECOMMEND
大竹伸朗
鈴木理策
森山大道

横山裕一ブックス&グッズ
大竹伸朗 ニューシャネル
森山大道ラッピングサービス

NADiff GIFT BOOKS

NADiff GIFT GOODS
NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01   

Tagged: 中原佑介

Critique

美術批評選集・第2巻

中原佑介

Price:

2,750円(税込)

発行年: 2015.5
発行元: 現代企画室・BankART
サイズ: B5判変形
仕 様: 294頁
デザイン: 浅葉克己
日本近代美術史: 西洋美術の受容とそのゆくえ

中原佑介こそ日本現代美術のパラダイムだった。しかし芸術のパラダイム革新の可能性(構造)を終生追求しつづけた。中原批評最大のスリルはこの点にある。
—岡乾二郎

若き中原の舌鋒鋭い「日本近代美術史」(明治初期から終戦まで)待望の書籍化と、世界との関係における戦後日本美術の動向についての分析。
1950年代後半から60年代後半にかけて書かれた文章のうち、日本の近代美術・戦後美術を西洋美術の受容の観点から考察した論考を収録。第1章では、1957年から58年にかけて『美術批評』と『美術手帖』に連載された「日本近代美術史」を、第2章では、日本の戦後美術を、世界の動向との関わりから論じたテキストを掲載。

解題執筆:加治屋 健司 / 粟田 大輔

《目次》
第1章 日本近代美術史(はじめに 現実と幻想/不幸な完成/西洋画の手術/衣裳の効果/あたらしい照明/感覚派と古典派/混迷期の美術家/幻想の萌芽/前衛芸術の源流/革命のための美術1/革命のための美術2/シュルレアリスムの運動1/シュルレアリスムの運動2/戦争記録画問題から「リアリズム論争」へ)
第2章 世界のなかの日本美術(戦後美術の10年/日本美術に不要なある「現代の意識」/世界のなかの日本美術/辺境芸術考/美術の国際性と民族性/海外美術の受け取り方をめぐって/日本におけるピカソ像/第八回東京国際美術展を見て/コラージュ風な戦後美術の歩み