NADiff

画像2

NADiff

NADiff

CATEGORY

RECOMMEND
大竹伸朗
鈴木理策
森山大道

横山裕一ブックス&グッズ
大竹伸朗 ニューシャネル
NADiff website www.nadiff.com

-

Exhibition Catalogue

内なる複数のサイクル

ガブリエル・オロスコ

Price:

3,960円(税込)

発行年: 2015.2
発行元: フィルムアート社
サイズ: B5判変形
仕 様: 208頁
部 数: 2000部
万物は繰り返し流転し、循環する。
見慣れた光景に異化作用を与え、物と人に新たな関係を生み出すオロスコの代表作から新作を網羅した、日本初の待望の作品集。

90年代より現代美術を代表する作家として国際的に注目を浴びるガブリエル・オロスコ。コンセプチュアル・アートの優れた革新者として知られ、その作風は、写真、ドローイング、彫刻、インスタレーションなど幅広く分類されます。
これまでもヴェネチア・ビエンナーレやドクメンタドクメンタ召覆鼻¬召世燭觜餾殀術展へ参加するほか、ニューヨーク近代美術館(MoMA)、グッゲンハイム美術館、テートモダン、ポンピドゥーセンターで大規模な個展を開催してきましたが、日本では今回が初めての展覧会です。

オロスコは、路上に打ち捨てられた物や何気ない風景の中から魅力的なかたちを発見したり、それらにほんの少し介入してかたちを変えたりして作品に転換します。地域性や政治性を排除したユニバーサルな彫刻や、さりげないスナップショットのような写真は、90年代の現代美術を語る上で欠かせないものであり、現在活躍する日本の若手アーティストにも大きな影響を与えてきました。

万物が繰り返し流転し循環するその様を捉えるオロスコ。自動車を分割して貼り合わせた代表作《La DS》から新作まで、異なる年代と場所で生まれた作品がここ東京で出会い、新たな循環が始まります。
国内で発行された作品紹介や文献は皆無のため、日本では作家の全体像が分かる現代アートファン必携の貴重な作品集です。

ガブリエル・オロスコが自作を語る「決定版」インタビュー「球体、複数の輪、恒久運動──土星に魅せられて」を収録。

東京都現代美術館:
ガブリエル・オロスコ展−内なる複数のサイクル
2015 / 1 / 24 − 2015 / 5 / 10