We deliver worldwide!

NADiff

CATEGORY

東京都写真美術館
東京都現代美術館
東京オペラシティ
Bunkamura
水戸芸術館
京都市京セラ美術館

NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01          

Tagged: photographers’ gallery

Critique

「photographers’ gallery press no.12」特集:爆心地の写真1945-1952

Price:

2,750円(税込)

発行年: 2014.11
発行元: photographers’ gallery
サイズ: B5
仕 様: 188頁
写真が発明されてから170年以上が過ぎようとしています。平和な家庭生活から戦場や災厄にいたるまで、写真は文字による以上に、時代のあらゆる出来事を記録してきたと言っても過言ではありません。しかし、その意義は思いのほか見落とされているのではないでしょうか。原爆投下直後の広島を撮影した写真資料もその例外ではありません。
 本誌では、1945年から1952年のプレス・コード解除(サンフランシスコ講和条約締結)までを中心に、広島で撮影された写真をあらためて見直し、詳細に検証していきます。原爆投下当日のキノコ雲下の惨状を唯一撮影した松重美人の5枚の写真、復興初期に制作された写真集『Living Hiroshima』、吉田初三郎による原爆鳥瞰図を収めた英文グラフ誌『HIROSHIMA』。占領下での廃棄や接収あるいは決死の秘匿を経て、現在にまで残された写真資料を、わたしたちはどのように受け止めることができるのか。広島での調査取材をもとにした座談会や書き下ろし論考により、写真そのものから問い直す試みでもあります。

【コンテンツ】
特集:爆心地の写真1945-1952
写真:松重美人《松重美人の5枚の写真/1945年8月6日》
収録 吉田初三郎《原爆鳥瞰図》、『HIROSHIMA』(1949年、広島図書) 一冊まるごと(28頁)収録
座談会:
<松重美人の5枚をめぐって>倉石信乃、小原真史、白山眞理、橋本一径、北島敬三、笹岡啓子
<『LIVING HIROSHIMA』をめぐって>倉石信乃、小原真史、白山眞理、北島敬三、笹岡啓子
<公園都市・広島>権鉉基、高雄きくえ、東琢磨、松田正隆、笹岡啓子
テクスト:
加治屋健「紙の上の観光─『LIVING HIROSHIMA』と広島の国際観光地化」
倉石信乃 「不鮮明について─松重美人の写真、最初の1枚」
西本雅実 「原爆記録写真─埋もれた史実を検証する」
東琢磨 「顔と出会うこと」
椹木野衣 「広いシマの色─吉田初三郎の『HIROSHIMA』をめぐって」
橋本一径 「火災写真論 1886-1897」
インタヴュー:西本雅実 広島原爆写真を追って 聞き手・構成 笹岡啓子
邦訳 『HIROSHIMA』 ヒロシマ 高橋しげみ訳

発行責任:北島敬三 編集責任:笹岡啓子