【お客様への重要なお知らせ】 2020年7月27日より当店の配送送料を改定させていただきます。>>Information


NADiff

NADiff

NADiff

CATEGORY

RECOMMEND
大竹伸朗
鈴木理策
森山大道

横山裕一ブックス&グッズ
大竹伸朗 ニューシャネル
NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01          

Tagged: 

Critique

コンテンポラリー・ファインアート : 同時代としての美術

大森俊克

Price:

3,520円(税込)

発行年: 2014.10.24
発行元: 美術出版社
サイズ: 188×20×128mm
仕 様: 408頁
1980年代以降の美術表現を広く分析し、アートの新しい局面を活写した画期的著作!
『美術手帖』2011年01月号から連載中の、美術批評家・大森俊克氏による「コンテンポラリー・ファインアート」から12回を収録。
日本でこれまで取り上げられる機会の少なかった1980年代以降の欧米のコンテンポラリー・アートの核心的な動向を、シンディ・シャーマン、マイク・ケリー、ガブリエル・オロスコら重要アーティストの作家論からたどります。
「コンテンポラリー」という新しい美術の条件を探り、今後の展望に逆照射する──。
従来の美術評論では飽き足りなかった読者へ送る、読み応え満載の一冊。

【CONTENTS】
01 セス・プライスとコンセプチュアル・アートの現在
02 リアム・ギリックと『関係性の美学』
03 イザ・ゲンツケンの「鏡」
04 ガブリエル・オロスコとメキシコ性
05 スタン・ダグラスとナラトロジー
06 リチャード・プリンス(アプロプリエーションと収集)
07 シンディ・シャーマンの「リアル」
08 ティノ・セーガルと1960年代回帰
09・10 マイク・ケリー:学校とサイエンス・フィクション(前後編)
11 塩田千春との往復書簡
12 キュレーティング・セオリーの現在