NADiff

CATEGORY

FEATURE

-

Images: 01 02 03 

Tagged: 渚ようこ, 森山大道, Akio Nagasawa Publishing

Photograph

NAGISA

森山大道

発行年: 2010.4
発行元: Akio Nagasawa Publishing
size: 210×280mm
長い写真家人生において一人の女性を撮り下ろすことがなかった森山が、渚ようこを一年に渡り撮り下ろした写真集。
春の桜の下で、夏の熱海で、渚ようこの故郷山形の冬雪景色の中で、都内のライブハウスで、一人の女性を春夏秋冬通じて追った森山大道の初の試みです。

渚ようこ Profile
平成の歌謡歌手。
1994年デビュー以来、ザ・ヘア、コモエスタ八重樫、及川光博、ハプニングスフォー、半田健人、渋さ知らズ、内田春菊など数々のアーティストとコラボレート。クレイジーケンバンドの横山剣プロデュースによる作品や、日本を代表する作詞家・阿久悠とのコラボレーションで独自の歌謡世界を構築。横浜に 戦前から実在した老娼婦を扱ったドキュメンタリー映画『ヨコハマメ リー』の主題歌「伊勢佐木町ブルース」のカバー、若松孝二監督の『実録・連合赤軍あさま山荘への道程』の挿入歌として、渚ようこ の歌唱による作品が起用されている。 そして2008年、デビュー以来の夢であった新宿コマ劇場での公演を、自らプロデュースし『新宿ゲバゲバリサイタル』を開催。
2010年4月には森山大道の撮影による写真集『NAGISA』を発表。同写真展のライヴの実況録音盤「あなたにあげる歌謡曲〜NAGISA篇」を自身が主宰するレーベルSound・Of・Eleganceから発表。(イラストレーターの宇野亜喜良のライヴペインティングとトークの模様を収録)2012年、名古屋のアングラ音楽の奇才・松石ゲルサウンドプロデュースによる、「ゴールデン歌謡・第1集〜さすらいのギター」を発表、一貫して歌謡歌手としてのアプローチをし続けている。