NADiff

CATEGORY

FEATURE

-

Images: 01   

Tagged: 東京都写真美術館

Exhibition Catalogue

まなざしの詩学

フィオナ・タン

Price:

2,700円(税込)

発行年: 2014.8
発行元: 美術出版社
サイズ: 191×191mm(B5変形)
仕 様: 216頁
デザイン: 森大志郎、木村稔将
フィオナ・タンは、しばしば古い記録フィルムや写真を素材とし、ときにドキュメンタリーとフィクションとの間を往還しながら、集団や個人における文化的差異がいかに記録され、また人々の記憶に留められてきたかを繊細に問いかける作品で国際的な評価を得てきました。
静止写真、フィルム、ヴィデオ、ディジタルヴィデオといった異なるメディアを用いながら、常にその作品に通底しているのは、見るもの・見られるものが交錯する視線のポリティクス(政治性)や、表象することの不可能性を前にしたもどかしさ、そして、その不可能性を引き受けつつ、それでも映像だからこそ伝え得ることへの希求です。
本書はフィオナ・タンの作品に関する80の用語を集め、作品と対になる用語が6名の執筆者によって解説されています。写真と映像の本質に迫る問いを内在させた、詩的な作品世界を読み解く手掛かりを、複数の用語と解説から導き出します。
東京都写真美術館(2014年7月−2014年9月)、国立国際美術館(2014年12月−2015年3月)に巡回する個展に併せて出版された公式カタログです。

<コンテンツ>
−フィオナ・タンをめぐる用語集
執筆:松井みどり、林洋子、藤岡朝子、遠藤みゆき、岡村恵子、中井康之
−「まなざしの詩学」によせるノート/岡村恵子(東京都写真美術館)
−主要作品一覧|1991−2014
ほか