NADiff

CATEGORY

FEATURE

-

Images: 01 02  

Tagged: 高橋恭司, MATCH and Company

Photograph

Punctus Contra Punctum

高橋恭司

発行年: 2013.11
発行元: MATCH and Company
サイズ: 260×180mm
仕 様: 3点糸縢り中綴じ製本、写真23点、24頁
部 数: 700部限定
高橋恭司が自身の展覧会場で試みた、訪れる人々のポートレイト写真を撮影する「青山・万霊写真館」。
写真館といえばかつてはどこの街角にもあり、入学・結婚・端午の節句など人生の様々な季節をその一瞬の思い出とともに記録するための場所であり、ささやかな儀式の場でもありました。
 いま、誰もがあまりにも簡単に写真を撮ることができる時代、写真術に潜んでいたその特別な緊張や高揚感は残されているのでしょうか。レンズの前に立ち、ハレの表情を保ち「永遠の一瞬」をむかえる。写真がもはや特別なものではない時代の「特別な」時間。それは「その場」にしか立ち現れない一瞬に出会うために、撮る人と撮られる人のあいだに結ばれる関係性を、カメラの前後に立つことによって探る試みでもあります。
 マン・レイのパリの写真館からそのスピリチュアルな系譜を繋ぎオープンする、ひとときの、かりそめの「写真館」。あなたとあなたの側に立つ人を、一瞬の真実のように、永遠の舞台のように留めた写真の中から23点が選ばれ、1冊の写真集になりました。