【お客様への重要なお知らせ】 2020年7月27日より当店の配送送料を改定させていただきます。>>Information


NADiff

NADiff

NADiff

CATEGORY

RECOMMEND
大竹伸朗
鈴木理策
森山大道

横山裕一ブックス&グッズ
大竹伸朗 ニューシャネル
NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01          

Tagged: Wolfgang Tillmans, WAKO WORKS OF ART

ART

Interviews

ヴォルフガング・ティルマンス

発行年: 2010.4
発行元: WAKO WORKS OF ART
サイズ: 189x116mm
仕 様: 96頁
言 語: 日・英バイリンガル
W・ティルマンスの2007から2009年のインタヴュー3篇を収録。2009年に行われたヴェネツィア・ビエンナーレ<Making Worlds>での発表を控えた際のインタヴューでは、インスタレーションの構想とアイディアを語る。 写真というメディアへの細やかな考察とともに、日常の根底にある社会的規範、戦争、信仰に対する問題意識が、作品をいかに形作っているかを、インタヴュアーの鋭い問いかけを通して読みとくことができる一冊。
インタヴュアー:Holger Liebs, Hans Ulrich Obrist

<ヴォルフガング・ティルマンス プロフィール>
1968年西ドイツ生まれの写真家。80年代より雑誌「i-D」などを中心に写真家としての活動をはじめ、93年には初個展、拠点をニューヨーク、ロンドンと移しながら各地の主要ギャラリーで発表を重ね、コンテンポラリーのアートシーンで注目を集める。2000年には現代アート作家におくられる最も権威あるターナー賞を受賞し、2009年にはヴェネツィアビエンナーレ出展。スナップショット、風景、ヌード、天文学イメージ、抽象作品など様々な主題を扱い、展示のプレゼンテーションでは従来の方法に拠らない実験的な方法を用いながら、写真表現の革新を続けている。