NADiff

CATEGORY

FEATURE

-

Images: 01   

Tagged: 組立

Critique

─作品を登る─

組立

Price:

1,512円(税込)

発行年: 2012
発行元: 組立
サイズ: A5
仕 様: 132頁
展覧会を起点に、公開で行われる対話企画の他、印刷物の発行などを通じて、思考の組立作業として捉え直す試みを行う活動「組立」の発行するテキストブック。

《contents》
高木秀典「製作ノート」、有原友一「画面の前で──作品を登る──」、佐藤雄一 × 松浦寿夫「『「固有値(Eigenwerte)」としての支持体を自己生成する』可能性」、大山エンリコイサム「絵画とスピード違反」、郷原佳似「フレンホーフェル効果」、境澤邦泰「絵画と視線の行方」、上山和樹「主体化の失敗から、触媒としての生成へ」、水野亮「展覧会レビュー × 2本(+「写真を見ること」についての私論) 」、永瀬恭一「脱美学──ブロークンモダンの諸相」