NADiff

TOPICS

 
 

CATEGORY

東京都写真美術館
東京都現代美術館
東京オペラシティ
Bunkamura
水戸芸術館
京都市京セラ美術館

NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01 02 03 04       

Tagged: 光岡幸一

Recommend

光岡幸一 ZINE(サイン入り)

光岡幸一

Price:

5,500円(税込)

発 行: 光岡幸一
サイズ(cm): 31.5×20
アーティストの光岡幸一のZINE。光岡が撮影した写真が収録されています。

●作家プロフィール
光岡幸一 Koichi Mitsuoka
名前は、字がすべて左右対称になる様にと祖父がつけてくれて、読みは母が考えてくれた。( ゆきかずになる可能性もあった。) 宇多田ヒカルのPV を作りたいという、ただその一心で美大を目指し、唯一受かった建築科に入学し、いろいろあって今は美術家を名乗っている。矢野顕子が歌うみたいに、ランジャタイが漫才をするみたいに、自分も何かをつくっていきたい。一番最初に縄文土器をつくった人はどんな人だったんだろうか?

個展
2022年:「ひぃ〜〜〜〜゜〜〜ゅ〜^〜〜ぅ〜〜」 Token Art Center (東京)
2021年:「もしもといつも」 block house (東京)

主なグループ展
2021年:「ATAMI ART GRANT」ホテルニューアカオ (静岡)、「とよたまちなか芸術祭」 豊田市美術館七州城隅櫓 (愛知)、「のけもの」3331 Arts Chiyoda (東京)、「写真新世紀展2021」東京都写真美術館 (東京)、「Agoraphobia」隅田公園 (東京)、「vernacular communication」TAMA ART CENTER (東京)、「群馬青年ビエンナーレ2021」群馬県立美術館 (群馬)、「水に流せば」EUKARYOTE (東京)、「どこ×デザ」広島市現代美術館 (広島)
2020年:「DELTA EXPERIMENT」TEZUKAYAMA GALLERY (大阪)、「EASTEAST_Tokyo」ログズビル (東京)、「The Struggle for Tomorrow」3331 Arts Chiyoda (東京)


NADiff Window Gallery vol.79
光岡幸一「poetry taping」
2022.04.28[木]—2022.05.29[日]
詳細はこちら