NADiff

TOPICS

 
 

CATEGORY

東京都写真美術館
東京都現代美術館
東京オペラシティ
Bunkamura
水戸芸術館
京都市京セラ美術館

NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01          

Tagged: 青幻舎

Exhibition Catalogue

奇想のモード
装うことへの狂気、またはシュルレアリスム

神保京子、東京都庭園美術館

Price:

2,970円(税込)

発行年: 2022.2
発行元: 青幻舎
著者: 神保京子
仕 様: A5変型、並製、232頁
“流行"や“社会"を無視し
“自由"や“抵抗"を動力に
“芸術"や“肉体"も超えた
別次元の美、その潮流
「装う」ことは、自発的な行為でありながら、第三者の存在や時代的価値観が影響し、そこから派生した流行に無意識にも支配されてきた歴史ともいえるでしょう。その一方、それらを無視するかのような一見奇異にもみえる異端の潮流が存在しました。本書は、それを《奇想のモード》としてスポットを当て、意識の深層を探求したシュルレアリスムとモードの接近をひとつの視座としながら、肉体という制約への挑戦、有機物への偏愛、古今東西の装いへの狂気的情熱など、テーマを多角的に設定し、常識破りの美の魅力とその創造力の源を検証します。

シュルレアリスムの作家、ダリ、マグリット、マン・レイ、デュシャン、親交のあったエルザ・スキャパレリはじめ、コンテンポラリーからはヤン・ファーブル、熊谷登喜夫、マルタン・マルジェラ、小谷元彦、串野雅也、舘鼻則孝、ザッハ・ハディドなど、アーティスト、デザイナー、建築家など多様なジャンルを横断しつつ、浮世絵から、絵画、オブジェ、写真、ドレス、帽子、靴、広告、現代アートまで、豊富な図版で展開します。


神保 京子(じんぼ きょうこ)
東京都庭園美術館学芸員
シュルレアリスムを専門とし、2019年には岡上淑子の大規模な展覧会を開催し話題を呼んだ。

―版元説明文より

奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム

会期:2022年1月15日〜4月10日
会場:東京都庭園美術館