メールアドレス変更のお知らせ
2022年4月18日正午12時より、ご案内メールアドレスのドメインを下記の通り変更させていただきます。
旧「@nadiff.com」
新「@ccc.co.jp」
大変お手数ではございますが、迷惑メール対策を行われている方は@ccc.co.jpのドメイン指定解除をお願い申し上げます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただけますよう宜しくお願い申し上げます。


NADiff

CATEGORY

東京都写真美術館
東京都現代美術館
東京オペラシティ
Bunkamura
水戸芸術館
京都市京セラ美術館

NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01 02 03 04       

Tagged: 恵比寿映像祭, 東京都写真美術館

Exhibition Catalogue

第14回恵比寿映像祭 コンセプトブック

東京都写真美術館,恵比寿映像祭

Price:

2,530円(税込)

発行年: 2022.2
発行元: 東京都写真美術館
サイズ: 145mm×178mm
仕 様: 304頁
言語: 日・英
展覧会詳細: >>恵比寿映像祭
恵比寿映像祭は、平成21(2009)年の第1回開催以来、年に一度恵比寿の地で、展示、上映、ライヴ・パフォーマンス、トーク・セッションなどを複合的に行なってきた映像とアートの国際フェスティヴァルです。映像分野における創造活動の活性化と、映像表現やメディアの発展をいかに育み、継承していくかという課題について広く共有する場となることを目指してきました。第14回となる今回は「スペクタクル後」をテーマに、19世紀の歴史から現代にいたるイメージの変容について幅広く考察していきます。(東京都写真美術館HPより)

今回のコンセプトブックでは「スペクタクル後」というテーマを読み解くための11のキーワードを掲載。 豪華な執筆陣4名(小原真史、藤幡正樹、メー・アーダードン・インカワニット、長谷正人)による論考も必読の1冊になっています。

<展覧会情報>
第14回恵比寿映像祭 スペクタクル後
会場:東京都写真美術館(東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内)
会期:2022年2月4日(金)〜2月20日(日)