【お客様への重要なお知らせ】 2020年7月27日より当店の配送送料を改定させていただきます。>>Information


NADiff

NADiff

NADiff

CATEGORY

RECOMMEND
大竹伸朗
鈴木理策
森山大道

横山裕一ブックス&グッズ
大竹伸朗 ニューシャネル
NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01          

Tagged: 蓮沼執太

Design, Architecture, etc

2020年のさざえ堂−現代の螺旋と100枚の絵

蓮沼執太

Price:

2,420円(税込)

発行年: 2020.3
発行元: 左右社
著 者: 北澤憲昭、小金沢 智、澁澤龍彦、高橋大輔、蓮沼執太、福岡伸一、三瀬夏之介、持田敦子
編 集: 太田市美術館・図書館
仕 様: B5変型並製/96ページ
デザイン: 平野篤史(AFFORDANCE)
太田市美術館・図書館「2020年のさざえ堂——現代の螺旋と100枚の絵」展公式図録
「螺旋」と「さざえ堂」がいざなう巡礼の旅

螺旋構造をもつ仏堂である「さざえ堂」。
異なる手法を用いるアーティスト4名が、「さざえ堂」と「螺旋」を現代の視点から捉え直す。人間の知覚・身体感覚を揺さぶり、現代における信仰の意味、「さざえ堂」の構造・意義に迫っていく壮大な試み。

「百観音巡礼」にならい、100枚の絵の展示に挑む、高橋大輔。
二つの螺旋建造物の差異を、音楽と映像であぶり出す、蓮沼執太。
大規模な絵画によって螺旋空間を構築した、三瀬夏之介。
美術館の中に、物質的な螺旋の迷宮を作りだす持田敦子。

「現代の美術館・展覧会のあり方とは」「他者を受け入れることとは」「美術と信仰の関係性とは」——展覧会のテーマを越え、根源的な問いが立ち現れてゆく