【お客様への重要なお知らせ】 2020年7月27日より当店の配送送料を改定させていただきます。>>Information


NADiff

NADiff

NADiff

CATEGORY

RECOMMEND
大竹伸朗
鈴木理策
森山大道

横山裕一ブックス&グッズ
大竹伸朗 ニューシャネル
NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01          

Tagged: 宇平剛史の装幀:呼吸する書物|Breathing Books

NEW Arrival

絵画の力学

沢山遼

Price:

2,970円(税込)

発行年: 2020.10
発行元: 書肆侃侃房
頁 数: 408頁
仕 様: A5判、上製
装 幀: 宇平剛史
芸術を経験することとは、振動する差異と諸力のただなかに巻き込まれることだ。芸術の思考=批評はそこから開始される。
 
アンディ・ウォーホル、ジャクソン・ポロック、バーネット・ニューマン、カール・アンドレ、ロバート・モリス、香月泰男、福沢一郎、辰野登恵子、高松次郎、ゴードン・マッタ゠クラーク、ロザリンド・クラウス、クレメント・グリーンバーグ、イサム・ノグチ──。
 
「美術手帖」芸術評論募集第一席を受賞した著者による堂々たる初の単著。単行本書き下ろしとして、イサム・ノグチ論「火星から見られる彫刻」を収録する。美術批評の新たな達成。
 
【目次】
 

 
機ヽ┣茲了弭
第1章 ジャクソン・ポロック──隣接性の原理
第2章 福沢一郎と場
第3章 限界経験と絵画の拘束──香月泰男のシベリア
第4章 差異と関係──ジョセフ・アルバースとブラック・マウンテン・カレッジの思想
第5章 ニューマンのパラドクス
第6章 ウォーホルと時間
第7章 辰野登恵子──グリッド/斜行/アクソノメトリー
 
供〇物経験の位相
第8章 繋辞なき反復──高松次郎の非‐命題
第9章 レイバー・ワーク──カール・アンドレにおける制作の概念
第10章 都市の否定的なものたち──ニューヨーク、東京、1972年
第11章 事物の退隠──ロバート・モリスの盲目性
第12章 火星から見られる彫刻
 
掘.謄ストの力学 第13章 自然という戦略──宗教的力としての民藝
第14章 ポスト=メディウム・コンディションとは何か?
第15章 形象が歪む──アヴァンギャルドとキッチュ
 
参考文献
 
あとがき