We deliver worldwide!
 
【送料について】
2021年10月9日より送料を改定いたしました(値下げ)
>>詳細

NADiff

CATEGORY

東京都写真美術館
東京都現代美術館
東京オペラシティ
Bunkamura
水戸芸術館
京都市京セラ美術館

NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01 02 03 04       

Tagged: SANZOKU

Recommend

SANZOKU 無重力カタログ

SANZOKU 根本裕子

Price:

660円(税込)

制昨年: 2019
サイズ: 折り畳み状:全体:縦17僉濂12cm、全体:縦51僉濂73cm
撮影: 三浦晴子
SANZOKUの器をまとめたポスター状のカタログ。裏はイラスト。おまけシール付き。

SANZOKUは、「(山に)こもる為の食器」をイメージした、実際に使用できながらアートピースとしても成り立つ可愛らしくも風変わりな陶器のブランドです。手びねりにより一点一点彫刻のように制作される器はすべて一点もの。


根本裕子(ねもと・ゆうこ)
1984年 福島県生まれ。陶芸家。 東北芸術工科大学大学院 芸術工学研究科芸術文化専攻 陶芸領域 修了。大学在学中より和太守卑良氏に影響を受ける。手びねりによって制作される作品の多くは、動物の形を借りた架空の生き物で、時間の痕跡となるシミ、皺、たるみを粘土に刻み焼成している。その他、お守りと称した作品制作や、「SANZOKU」名義で彫刻的な(尚且つふざけた)食器を展開している。

2020年、第23回 「岡本太郎現代芸術賞展」にて敏子賞を受賞。主な展示として、「第23回 岡本太郎現代芸術賞展」川崎市岡本太郎美術館(2020・神奈川)、「Reborn-Art Festival 2019」石巻市街地エリア(2019・宮城)、「豊かな感情」Cyg art gallery(2018・岩手)、「どこまでいっても物体」TOKIO OUT of PLACE(2017・東京)、「N.E blood 21 vol.63 根本裕子展」リアス・アーク美術館(2017・宮城)、「─陶 幻想のいきもの─ 根本裕子展」INAX gallery(2009・東京)。
連載 「陶芸家・根本裕子が考えていること 感情を分解できたら」(ほぼ日イトイ新聞 2018-11-26日〜30日) 現在、福島県の自宅で陶作。