【4月中のご注文商品の出荷につきまして】
● 2020年4月7日[火]までのご注文分→注文日より3日以内に出荷いたします● 2020年4月8日[水]以降のご注文分→5月以降に順次出荷致します

-

Images: 01   

Tagged: 

Photograph

FOUR-D ISSUE 6

FOUR-D

Price:

770円(税込)

発行年: 2019.12
発行元: 猿山洋平
サイズ: A4
仕様: 28頁
写真雑誌『FOUR-D』第6号
写真を撮るも、見せるもほとんど誰もが自由にできるようになった今日。
写真を見ること、感じること、それについて語ることにだって、自由でいたい。
『FOUR-D』は、写真を批評するのではなく、写真を媒介として、撮るひと、撮られるひと、見るひとが、対話する場所です。
 
写真家・島尾伸三氏らを中心に発行する評論誌『映像(旧:映像試論100)』が2019年をもって休刊の運びとなりました。FOUR-D 6号では映像未発表原稿の一部を併せて掲載しています(♦︎印が該当)
 
【目次】  
非常時の家族 — 戦中日本の慰問写真帖について
 ー 若山満大
 
きょうのイメージ文化論 vol.2 「着る」以外のファッション、写真のなかに生きるサイボーグ  ー 村上由鶴
 
見るという写真 #1 平敷兼七「UCHINANCHU」
 ー 松房子
 
はじまりの写真
 ー 湯本愛
 
なぜ撮らないのか?
 ー 飯沢耕太郎 ♦︎
 
つぶやき(@uenosamu 201011-201102)
 ー 上野修 ♦︎
 
エルヴェ・ギベールの写真
 ー 大上真一 ♦︎
 
ハインリヒ・ツィレ、あるいは素朴な写真的まなざしについて
 ー 満留伸一郎 ♦︎
 
映像試論と映像
 ー 島尾伸三
 
FOUR-D 編集記
 ー 猿山洋平