NADiff

CATEGORY

RECOMMEND
大竹伸朗
鈴木理策
森山大道

横山裕一ブックス&グッズ
大竹伸朗 ニューシャネル
森山大道ラッピングサービス

NADiff GIFT BOOKS

NADiff GIFT GOODS
NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01   

Tagged: 

NEW Arrival

ドナルド・ジャッド 風景とミニマリズム

荒川徹

Price:

3,240円(税込)

発行年: 2019年
発行元: 水声社
仕 様: A5判並製
頁 数: 240頁
《ミニマリズム》という用語がさまざまな領域に浸透している現在、はたして美術における《ミニマリズム》とは何であったのか?

現代アートを代表する美術家、ドナルド・ジャッド(1928-94)の絵画、オブジェクト作品、リノベーション建築から家具制作に至るキャリアを中心に、作品構造と形態の変化を克明に辿りながら、いかにしてミニマリズムの芸術が人工的な風景や工学的構造などに触発されてきたかを追求する。
 
【目次】 序章 スペシフィック・オブジェクツから非芸術作品へ
1. スペシフィック・オブジェクツ/2. ミニマリズムと美術/3. ミニマリズムと遠近法/4. 先行研究/5. 本書の構成
 
  第1部 抽象的風景とミニマリズム
 
第1章 あらかじめ抽象化されたものたち
1. 高速道路の体験/2. 建築と忘却/3. スケール/4. ドナルド・ジャッドの風景と地図/4. 芸術と非芸術
 
第2章 構造の芸術
1. 泡の膜と多角形/2. 四面体のスペースフレーム/3. プロポーションの抽出/4. 絵画とパイプ/5. プロジェクション、プログレッション、スタックの起動
 
    第2部 系列的方法としてのミニマリズム

第3章 ジャッドの共鳴体
1. 工業的主体性/2. イリュージョン/3. 主体と客体/4. 交代調和級数

第4章 次元変換の複合体
1. シークエンス写真/2. 転回可能性/3. 系列的態勢/4. 線遠近法と射影幾何学/5. リグレッション/6. 遠近法と地図

  第3部 土地におけるミニマリズム

第5章 再帰的風景
1. ミニマリズム、実家に帰る/2. カンザスシティと芸術/3. プレハブ住宅と芸術/4. ミニマリズム的見方/5. スミッソンとノンサイト/6. 廃棄物コンテナ

第6章 不純さの度合い
1. 引越しをする/2. 既存のコンテクストを利用する/3. 作品を設置する/4. CW1-15の構造分析

終章 ジャッドのストレートチェア
1. ストレートデザインの椅子/2. 家具、建築と美術/3. 椅子になること

主要参考文献
図版一覧
あとがき

【著者について】
荒川徹(あらかわとおる)
1984年、福島県に生まれる。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。現在、日本学術振興会特別研究員。専門は、近現代美術、映像、表象文化論。主な共著に、『映像と文化──知覚の問いに向かって』(藝術学舎、2016年)。主な論文に、「セザンヌの廃墟と非人間的情動」『表象06』(表象文化論学会、2012年3月)などがある。