NADiff

CATEGORY

RECOMMEND
大竹伸朗
鈴木理策
森山大道

横山裕一ブックス&グッズ
大竹伸朗 ニューシャネル
森山大道ラッピングサービス

NADiff GIFT BOOKS

NADiff GIFT GOODS
NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01   

Tagged: 

NEW Arrival

『ランベルマイユコーヒー店』原画展 ギャラリートーク参加券

ナディッフモダンイベント 参加申し込み

Price:

0円(税込)

【参加券A】
【参加券B】
出 演: nakabanさん×甲斐みのりさん×横須賀拓さん
日 程: 2019年9月8日[日] 19:00から20:30
会 場: Bunkamura 地下1階 ドゥ マゴ パリ テラス
参加費: 【参加券A】コーヒーつき 2200円(税込)
【参加券B】書籍『ランベルマイユコーヒー店』(2376円)+コーヒーつき 4000円(税込)
参加方法: 決済完了後、ご予約完了となります
(オンラインでのお支払いはクレジットカードのみ)
備 考: お申し込みは、お支払いの先着順となります。
定員に達した場合には、キャンセル待ちとなる可能性がございます。
※キャンセル待ちの場合には、クレジット決済は行われません。
nakabanさん×甲斐みのりさん×横須賀拓さん
『ランベルマイユコーヒー店』原画展 ギャラリートーク

コーヒーとともに日々を刻む、すべての人たちへ。京都の老舗喫茶店「六曜社」のマスター、オクノ修さんの名曲に触発され、画家のnakabanさんが10年以上温め続けた絵本『ランベルマイユコーヒー店』。その原画展最終日を飾るクロージングイベントとしてギャラリートークを開催いたします。

本書の著者である画家のnakabanさん、装丁を担当されたデザイナーの横須賀拓さん、そしてゲストには文筆家の甲斐みのりさんをお迎えいたします。京都の喫茶店についても著書などで多く執筆されている甲斐みのりさん、実は本書の原点でもある「六曜社」とも深いご縁をお持ちなのです。
 
今回のトークイベントでは、本書『ランベルマイユコーヒー店』制作にまつわるエピソードから、六曜社のこと、コーヒーや喫茶店についての思い出など、自由に語り合っていただきます。
 
原画展の最後を締めくくるトークイベント、ぜひぜひご参加くださいませ!

※イベント終了後、nakabanさんのサイン会もございます。
サイン会対象:事前に絵本「ランベルマイユコーヒー店」(ミシマ社)をはじめ、ナディッフモダンにてnakabanの著作をご購入頂いた方を対象とさせていただきます。

◯講師紹介◯
nakaban(なかばん)
1974年生まれ。画家。広島市在住。絵画を中心にイラストレーション、文章、絵本、映像作品を発表している。新潮社『とんぼの本』や本屋『Title』のロゴマークを制作。著書に『よるのむこう』(白泉社)、『ぼくとたいようのふね』(ビーエル出版)、『窓から見える世界の風』(福島あずさ著、創元社)『ことばの生まれる景色』(辻山良雄との共著、ナナロク社)ほか。珈琲片手の時間が大好きである。

甲斐みのり(かい・みのり)
大阪芸術大学文芸学科卒業。
旅、散歩、お菓子、地元パン、手みやげ、クラシックホテルや建築、雑貨や暮らしなどを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。 食・店・風景・人、その土地ならではの魅力を再発見するのが得意。
地方自治体の観光案内パンフレットの制作や、講演活動もおこなう。
著書に、六曜社の奥野美穂子さんとの共著『京都・東京 甘い架け橋』(淡交社)がある。

横須賀拓(よこすか・たく)
1972年仙台市生まれ。ブックデザイナー。
京都精華大学テキスタイルデザイン科卒業。1998年より、京都を中心にフリーとして活動を始める。2002年、東京に拠点を移し現在に至る。最近の仕事に『すーちゃん』シリーズ(益田ミリ著・幻冬舎)、『台湾レトロ氷菓店』(グラフィック社)、『酒と人生の一人作法』(太田和彦著・亜紀書房)、『町・海・大地 川南町の旅』(甲斐みのり著・川南町広報誌)ほか。