NADiff

CATEGORY

RECOMMEND
大竹伸朗
鈴木理策
森山大道

横山裕一ブックス&グッズ
大竹伸朗 ニューシャネル
森山大道ラッピングサービス

NADiff GIFT BOOKS

NADiff GIFT GOODS
NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01   

Tagged: 

Critique

前衛音楽入門 (ele-king books)

松村正人

Price:

3,024円(税込)

発行年: 2019.1
発行元: Pヴァイン
仕 様: 193 x 134mm
頁 数: 351頁
“アヴァンギャルド” とはなんだったのか !?
音楽の限界をめぐる20世紀の冒険
その後ポップ・ミュージックに応用される “前衛” から “実験” へのクロニクル


アヴァンギャルド・ミュージックとはいったいなんなのか !?
それはなんのために生まれ、そして何を遂げて、いまもなぜ重要であるのか ?
長年、前衛音楽 / 実験音楽を取材し、論じ、考察してきた松村正人が書き下ろす、決定的な入門書 !しかも松村初の単著、満を持しての刊行 !

【目次】
 
序 「前衛」の「共有」
一 「前提」の「共有」
二 「前衛」の「前提」

機〜葦匆山擇呂罎辰りと悩めるように──一九世紀末から二〇世紀初頭の作曲家たち
サティ、ドビュッシー
一 窓の外の印象派
二 再帰するサティ
三 ふたたび“再帰するサティ”
四 音響計測者のデザイン
五 おまけにもうひとつ

供〔議瓦寮こ
シェーンベルクと新ウィーン楽派
一 「a」は最初の一歩
二 その前夜
三 そして当夜
四 表現主義的な、あまりに表現主義的な
五 十二の使徒たち

掘.▲瓮螢の録音(アメリカン・レコーディングス)──記録と再生
チャールズ・アイヴズ、ヘンリー・カウエル、ルー・ハリソン、ハリー・パーチ
一 ローマックスとバルトーク
二 多調多根〜多調
三 多調多根〜多根

検ゞ技佞閥気┿
オリヴィエ・メシアンとピエール・ブーレーズ、ヤニス・クセナキス
一 教師メシアン、二〇世紀の多面
二 教え子ブーレーズ、二〇世紀の結晶
三 教え子クセナキス、二〇世紀の建築

后‥纏劼硫
カールハインツ・シュトックハウゼン、ピエール・シェフェールとミュジーク・コンクレートの音楽家たち
一 電子の夜明け
二 具体の音楽(ミュジーク・コンクレート)
三 電子の音楽(エレクトロニック・ミュージック)

此ー存海涼太
ジョン・ケージと実験音楽
一 からっぽの世界
二 打楽器というノイズ・マシーン
三 ピアノを準備せよ
四 エレクトロ・アコースティックな心象風景(イマジナリー・ランドスケープ)
五 チャンス・オア・インディターミナシー 〜偶然性か不確定性か

察”埃然な即興
レニー・トリスターノ、オーネット・コールマンとフリー・ジャズ、デレク・ベイリーとフリー・インプロヴィゼーション
一 JAZZ
二 第三の波
三 ジャズの前衛革命
四 アウトサイダーのアウトオブキー
五 散種する前衛
六 純粋な即興
七 不自然な即興

次.潺縫泪螢坤爐箸修亮縁
テリー・ライリー、ラ・モンテ・ヤング、スティーヴ・ライヒ、フィリップ・グラス
一 調性と持続
二 位相と加算

宗”萍未ら録音物へ
サンプリングと音響派、九〇年代エレクトロニック・ミュージックと前衛音楽との関係
一 ポスト・エクスペリメンタル
二 デイヴィッド・グラブスとの対話
三 思考のサンプリング
四 「音響」の「前提」
五 前衛と実験の再生(リサイクル)
六 さようなら二〇世紀

あとがき
参考音源
参考文献

NADiff a/p/a/r/t:
松村正人『前衛音楽入門』& 毛利悠子『ただし抵抗はあるものとする』 W出版記念トーク
2019 / 3 /8