NADiff

CATEGORY

FEATURE

-

Images: 01 02 03 04

Tagged: 荒木経惟, 月曜社

NEW Arrival

東京は、秋

荒木経惟、荒木陽子

Price:

3,780円(税込)

発行年: 2016.12
発行元: 月曜社
仕 様: 208頁
サイズ: 225×152mm
装 幀: 菊地信義
東京との〈情交〉を私写した名作がワイド+ダブルトーンになって20余年ぶりに復刊! 妻・荒木陽子との対話がアラーキーの原点と本質を引き出す。
「1972年の季節はいつだったか忘れたが、電通をやめた。コマーシャルはやらないことにしたので、とーぜん仕事なんざあるはずがない。/初めから写真をやりなおそー、とゆーことで、50ミリレンズ付きのペンタックス6×7を三脚につけて、それをかついで街を歩き出した。/それは1972年の秋のことだった」。
本書は、1984年に三省堂、1992年に筑摩書房から刊行された同書名の作品に、判型とレイアウトを変更し、エッセイ「「東京は、秋」の頃」(初出「アサヒカメラ」1983年7月増刊号)と英語訳(抄訳)を加えたものです。


PROFILE。
荒木経惟(あらき・のぶよし)。
1940年東京・三ノ輪生まれ。電通在職中に妻・陽子との旅行を写した『センチメンタルな旅』(1970年)を自費出版(2016年に河出書房新社より復刊)。2016年、ギメ東洋美術館(パリ)で作品数400点を越える規模で展覧会を開き、大きな反響を呼んだ。

荒木陽子(あらき・ようこ)。
1947年東京・千住生まれ。電通入社2年目、当時電通のカメラマンだった荒木経惟と出会い、1971年7月7日に結婚。1990年1月27日、子宮肉腫のために死去。夫・荒木経惟との共著に『愛情旅行』『10年目のセンチメンタルな旅』『東京日和』などがある。