NADiff

CATEGORY

FEATURE

-

Images: 01   

Tagged: 

Critique

近くても遠い場所

木下直之

Price:

2,700円(税込)

発行年: 2016.9.30
発行元: 晶文社
サイズ: A5判
仕 様: 336頁
言 語:
この場所の1年前、10年前、100年前の姿は?
自分が生まれた年の50年前は、どんな時代?
戦前に町の中にあった戦争の英雄・軍人像が戦後は平和を祈る裸体像に変わった。戦後に多く作られた動物園は、いまや財政難で、おいそれと野生のゾウを購入できない。多くの祭りは神輿を担いで盛り上がるが、江戸では仮装行列をして練り歩いた。 隣にあってしかるべきだと思っていたものは、常に刻々と変化している。 見世物、絵馬堂、美術館、動物園、お城、戦争……著者は見慣れた風景の中に、見落としてきたものを見つけ、新たな意味や価値を発見する。およそ150年の日本社会の変遷を、風景から掘り起こす歴史エッセイ。

目次:
一 近くても遠い場所
二 ひょんなことから 一八五〇〜一九五〇年代ニッポンへの旅
三 ひょんなことから 一八五〇〜一九五〇年代ニッポンへの旅のつづき
四 見世物小屋にて
五 靖国神社にて
あとがき