NADiff

CATEGORY

FEATURE

RECOMMEND
大竹伸朗
鈴木理策
森山大道

ONO YOKO FROM MY WINDOW
YMO NADiff Original Goods
横山裕一ブックス&グッズ
大竹伸朗 ニューシャネル
森山大道ラッピングサービス

NADiff GIFT BOOKS

NADiff GIFT GOODS
NADiff website www.nadiff.com

-

Images: 01   

Tagged: 秋山ブク, edition.nord

NEW Arrival

コンポジション1-10番とその派生物 2001-2016

秋山ブク

お届け: 著者による手製本につき制作に時間を要しています。ご注文頂いてから2〜3週間お待ち頂く場合がございますが、ご理解の程よろしくお願いします
発行年: 2016.8
発行元: RONDADE
サイズ: B5
仕 様: 830頁/サイン、ナンバー入り
その他: 挟み込み図版:10点(うちカラー9点)/アクリル栞:7枚/ポストカード、複製フライヤー 付き
部 数: 通常版90部
テキスト: 宗方コウイチ、田中功起、山辺冷、柳澤田実、堀口徹
英 訳: 奥村雄樹 with リンダ・デニス
デザイン: 秋山伸 / edition.nord
「コンポジション」シリーズとは、2001年に秋山伸として参加した建築展「東北大学建築学科50周年記念展覧会」で委託されたインスタレーション「Arrangement: Gallery 4200, Sendai Mediatheque」(2008年に「コンポジション 1番:せんだいメディアテークの備品による」に改題)から始まった。 建築展という文脈と開催施設が竣工間もない話題の公共施設であるという文脈から、インスタレーションは所与の空間に対する生活者の自由についての実験として構想された。

「コンポジション」における秋山の日用品の扱い方の特徴は、それを画材や素材に代わる材料として扱うのではなく、個々のものを唯一の独立した存在として扱うところであろう。生きられた場にあるものは、売られているものとは異なり、必ず何らかの社会的な意味や歴史を纏っている。その生きられたものを、廃品を扱うように無個性な素材へと解体したり、ただ質量を生み出すだけの群へと抽象化することなく、秋山はものそれぞれの固有性を尊重し、それらの存在の間に関係をひとつひとつ付与していくのである。

その「コンポジション」のシリーズが、今年の大阪PANTALOONでの制作で10作となった。
この活動の節目としてアートブック「Buku Akiyama: Composition 01-10, 2001-2016」をRONDADEより刊行。

[特記事項]:
・著者によるフル・ハンドメイド・エディションです。ラフな作りで、個体差が大きいことをご了承下さい。
・パッケージの底板は全て異なりますが、絵柄の種類はお選びいただけません。到着まで楽しみにお待ちください。

NADiff a/p/a/r/t:
「BookとBukuは似ている」
2016 / 10 / 07 − 2016 / 12